奈良市 任意整理 弁護士 司法書士

奈良市に住んでいる人がお金や借金の悩み相談をするならどこがいいの?

借金の利子が高い

奈良市で借金・債務などの悩み相談をするならどこがいいのか、迷っていませんか?
せっかく相談するのであれば、優秀な司法書士や弁護士がいる法律事務所や法務事務所にしたいですよね。
当サイトでは、ネットで無料相談出来る、オススメの法律事務所や法務事務所を紹介しています。
奈良市の人もOKですし、相談は無料でできるので安心です。
いきなり直接相談するのは少し不安、とりう人にもお勧めです。
借金返済・債務のことで困っているなら、まず司法書士・弁護士に相談して、解決策を探しましょう!

任意整理や借金の相談を奈良市の人がするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

奈良市の借金返済や債務の悩み相談なら、こちらがお勧め。
弁護士が対応してくれて、全国対応の弁護士事務所です。
初期費用が無料なので、手持ちがなくても安心です。
費用の支払は、分割払いでもOKです。
弁護士への相談料金ももちろん0円!
借金の取り立てをSTOPするのも可能。
過払い金、任意整理、個人再生、自己破産、など、債務や借金のことを無料相談できます。。
しかも、365日24時間、いつでも受け付けOKです。
フリーダイヤル(通話代0円)で相談受付してくれるので、借金返済で悩んでいる人も今すぐ電話受付ができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今スグ!24H電話受付☆



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性におすすめ!)
全国対応の、借金や過払いの悩みを相談できる司法書士事務所です。
任意整理、自己破産、個人再生など、あなたにピッタリのやり方で、どうしようもないほどの借金問題を解決に導きます。
また、過払い請求は初期費用0円で、戻ってきた過払い金から料金を支払えます。
任意整理においても、減額報酬・和解成功報酬などは一切取らないので、おトクに解決できます。
債権者数が1〜2件でも対応してくれるのもありがたいです。
女性スタッフが対応する女性専用の相談窓口もあるので、女性の人でも安心して相談できることでしょう。
まずはお気軽に無料相談からどうぞ。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はこちら↑↑
女性スタッフが対応する、女性専用の相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

奈良市の人が債務整理・借金の相談をするならまず、これもオススメです。
「借金減額シミュレーター」という、インターネット上の借金解決のための診断ツール。
とてもカンタンな質問に答えるだけで、借金を減らすための方法や、毎月の返済額がいくらになるのかなどが分かります。
いきなり司法書士や弁護士へ直接相談するのは、少し怖い。
そんな方にもピッタリです。
しかも匿名で、無料で利用できます☆
全国に対応のサービスなので、奈良市の人も安心して利用・相談できます。

◆特徴◆
  • たった3つの質問に答えるだけ!
  • 借金を減額する方法が分かる!
  • 月々の返済額がいくらになるのかが分かる!
  • 匿名&無料で利用できる!
  • 全国対応!
あなたの借金・債務の悩み、匿名&無料で相談・診断してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
借金の相談と診断を、無料&匿名で。



弁護士へ相談前の注意



奈良市近くの他の法務事務所や法律事務所を紹介

奈良市には他にも司法書士・弁護士の事務所があります。これらも参考にしてください。


●司法書士大野法務事務所
奈良県奈良市鶴舞東町2-11松下興産ビル301号
0742-52-0855
http://ono-houmu.com

●山岸憲一司法書士事務所
奈良県奈良市高天市町11-1
0742-20-1821
http://kcn.ne.jp

●奈良駅前債務整理相談センター(奈良法律事務所)
奈良県奈良市中筋町5-1
0742-23-1875
http://nara-saimuseiri.com

●かえで司法書士事務所
奈良県奈良市西大寺本町2-20プラムキャッスル605
0742-30-1245
http://kaede28.com

●奈良学園前村上司法書士事務所
奈良県奈良市学園北1丁目14-5平本ビル3階
0742-81-3371
http://murakami-shihou.jp

●松本・板野法律事務所
奈良県奈良市登大路町11-1登大路プラッツ3F
0742-20-6686
http://matsumoto-itano.com

●司法書士やまとみらい法務事務所
奈良県奈良市法華寺町1-5
0742-30-6360
http://yamatomirai.net

●上松法律事務所
奈良県奈良市花芝町6
0742-81-7162
http://ocn.ne.jp

●奈良弁護士会
奈良県奈良市中筋町22-1
0742-22-2035
http://naben.or.jp

●はなしば法律事務所
奈良県奈良市花芝町16-1第2丸谷ビル2F
0742-20-0300
http://hanashiba-lo.com

●南都総合法律事務所
奈良県奈良市高天町10-1
0742-26-2100
http://nantosogo.net

●山本泰生司法書士事務所
奈良県奈良市芝辻町2丁目10-26新田村ビル2F
0742-36-0616
http://sihoshosi.com

●奈良県司法書士会
奈良県奈良市西木辻町320-5
0742-22-6677
http://narashihou.or.jp

●奈良合同法律事務所
奈良県奈良市登大路町36大和ビル4F
0742-26-2457
http://naragodo.com

●樋口司法書士事務所
奈良県奈良市秋篠三和町2丁目11-2
0742-44-5100
http://h-syoshi.com

●大阪芙蓉法律事務所(弁護士法人)
奈良県奈良市高天町48-5
0742-24-7751
http://osakafuyo.jp

●M本司法書士事務所
奈良県奈良市東包永町71-2
0742-20-0550
http://daibutu.machimado.com

●ALEX綜合法律事務所
奈良県奈良市学園南3丁目1-5奈良市西部会館7階
0742-52-7330
http://alex-law.jp

●森田功司法書士事務所
奈良県奈良市油阪町456MIT第2森田ビル4F
0742-22-1532
http://web1.kcn.jp

地元奈良市の司法書士・弁護士の事務所に行き、直接相談するのもよいと思います。
ですが、直接相談よりも、インターネットでの無料相談や「診断シミュレーター」の方が、心理的に相談しやすいのではないでしょうか。

奈良市在住で借金返済、問題が膨らんだのはなぜ

借金が多くなりすぎて返済できなくなる理由は、たいてい浪費とギャンブルです。
競馬やパチンコなどの中毒性の高い博打にハマッてしまい、借金をしてでもやってしまう。
気付けば借金はどんどん大きくなって、返しようがない金額になってしまう。
あるいは、ローンやクレジットカードなどで高級品やブランド物を大量に買い続け、借金がふくらんでしまう。
カメラや模型など、お金のかかる趣味につぎ込んでしまう、というのも「浪費」と言えなくもありません。
自分の責任で借りた借金は、返さなければなりません。
けれど、利子も高く、返すのが難しくて困っている。
そういった時助かるのが、債務整理。
弁護士・司法書士に相談し、借金・お金の問題の解決に最善のやり方を探ってみましょう。

奈良市/任意整理のデメリットを調べよう|任意整理

借り入れの返済が滞りそうに時は出来るだけ早く手を打っていきましょう。
放置しておくとより利息は膨大になっていくし、収拾するのはよりできなくなっていきます。
借入の支払をするのが出来なくなったときは債務整理がしばしば行われるが、任意整理もとかく選ばれる手口の1つだと思います。
任意整理の時は、自己破産のように重要な私財を保持したまま、借り入れの縮減ができるのです。
しかも資格または職業の制限も無いのです。
良さがいっぱいな手口とも言えるのですが、やはり不利な点もあるので、ハンデにおいてもいま一度考慮していきましょう。
任意整理のデメリットとして、まず初めに借入れが全くチャラになるというのではないということは納得しておきましょう。
削減をされた借金は3年ほどの期間で全額返済を目途にするから、がっちり返却プランを立てて置く必要があるでしょう。
あとは、任意整理は裁判所を通さないで債権者と直接交渉を行うことが可能なのですが、法令の見聞が無い初心者じゃうまく談判ができないこともあります。
さらにハンデとしては、任意整理をしたときはそのデータが信用情報に載ってしまう事となるので、俗にいうブラックリストというふうな状況に陥ってしまいます。
それゆえ任意整理を行ったあとは大体5年〜7年ぐらいの間は新しく借り入れを行ったり、ローンカードを新たに創る事はまず出来なくなります。

奈良市|自己破産にはどんなリスクがあるの?/任意整理

はっきし言って世間一般で言われているほど自己破産のリスクは多くないのです。マイホームや土地や高価な車など高額な物は処分されるのですが、生活していく中で要る物は処分されません。
又20万円以下の貯蓄は持っていていいです。それと当面数か月分の生活するために必要な費用百万未満ならば持っていかれることは無いです。
官報に破産者のリストとして掲載されるのですがこれもごく一部の人しか目にしません。
又いうなればブラック・リストに掲載されしまい7年間の期間キャッシングもしくはローンが使用できない状況になりますが、これは仕方のない事なのです。
あと決められた職に就職出来ないということもあるでしょう。だけれどもこれも特定の限られた範囲の職種なのです。
ですから債務超過で返済することのできない借金を抱え込んでいるのであれば自己破産を進めるというのも1つの手口です。自己破産を進めればこれまでの借金が全て無くなり、新たな人生をスタートできるということで長所の方が大きいと思われます。
また自己破産者は公法上の資格制限として公認会計士や弁護士や税理士や司法書士等の資格はなくなります。私法上の資格制限とし遺言執行者、後見人、保証人にもなれないでしょう。また会社の取締役などにもなれません。しかしながらこれらのリスクはあんまり関係無い場合が多いのではないでしょうか。リスクはあまり大きなものではないはずです。

関連ページの紹介