小田原市 任意整理 弁護士 司法書士

借金返済など、お金の相談を小田原市在住の方がするならここ!

債務整理の問題

自分一人ではどうすることもできないのが、借金返済・お金の問題です。
金額が多くなってしまい、金利くらいしか返済できない。
借金返済問題は、1人で悩んでいても解決するのは難しいものです。
小田原市の方も、まずインターネットの無料相談で、弁護士・司法書士に相談してみませんか?
いきなり事務所で直接相談するよりも、インターネットの無料相談の方が、気後れしないで相談できるかもしれません。
もちろん、小田原市の方でもOKな法務事務所や法律事務所を紹介しています。
1人で悩むより、まず弁護士・司法書士に相談することが、借金問題解決への近道です。

任意整理・借金の相談を小田原市の人がするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

小田原市の債務・借金返済解決の相談なら、ココがオススメ。
弁護士が対応してくれる、全国対応の法律事務所です。
初期費用が0円なので、今の手持ちがなくても安心して相談できます。
弁護士料金の支払は、分割払いもOKです。
弁護士への相談料金はもちろん0円!
借金の督促をストップするのもできます。
過払い金、個人再生、自己破産、任意整理、など、債務・借金の悩みについて無料相談できます。。
しかも、窓口では365日24時間、いつでも受け付けOKです。
フリーダイヤル(電話料無料)で相談受付することができるので、お金に困っている人も今スグ電話受付ができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今スグ!電話受付OK!



ウイズユー司法書士事務所(借金の減額診断)

ウイズユー司法書士

小田原市の方が債務整理や借金の相談をするならまず、「借金の減額診断」もおすすめです。
全国に対応している「ウイズユー司法書士事務所」が行う無料診断。
無料診断は、たった4つの質問に答えるだけの、簡単なもの。
診断はウェブ上で行えるので、面倒な登録などは必要ないので気軽にできます。
また、診断結果の送信や無料相談をすることもできますが、無料相談や送信は匿名でもOKなので安心です。
◆特徴◆
  • 4つの質問に答えるだけ!
  • 月の支払いがいくら減るのか分かる!
  • 無料&匿名で相談OK!
  • 全国に対応!
借金がいくら減るのか、月々の支払いがいくら減るのか、まずは気軽に無料診断してみませんか?

ウイズユー司法書士事務所
ウイズユー司法書士事務所

↑↑↑↑↑
借金の減額診断はコチラ



司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ

こちらも全国に対応している司法書士事務所なので小田原市に住んでいる人も大丈夫です。
こちらの司法書士事務所は、テレビやラジオへの出演、雑誌などでの執筆など、多数のメディアにも取り上げられています。
人情派の司法書士とも呼ばれる代表の島田雄左司法書士は、大好きな映画「君の名は。」を6回も映画館に観に行き、毎回号泣してしまうほど涙もろい。
債務整理の費用は分割払いも可能なので安心です。
職場や家族に悟られないよう徹底配慮をしてくれます。
借金返済の問題は、1人で悩まず、まずは無料相談してみませんか?

司法書士法人みつ葉グループ
司法書士法人みつ葉、電話
司法書士法人みつ葉

↑↑↑↑↑
人情派の司法書士へ無料相談



弁護士へ相談前の注意



他の小田原市周辺の司法書士や弁護士の事務所の紹介

小田原市には他にもいくつかの法務事務所や法律事務所があります。参考にしてみてください。


●野田順一司法書士事務所
神奈川県小田原市本町2丁目1-34
0465-24-1680

●高橋晉司法書士事務所
神奈川県小田原市本町1丁目6-19
0465-22-8488

●西湘法律事務所
神奈川県小田原市本町1丁目10-25 アオバビル 1F
0465-22-2678

●こゆるぎ法務事務所
神奈川県小田原市栄町1丁目17-32
0465-21-1540

●小田原法務司法書士事務所
神奈川県小田原市栄町1丁目14-10 HM-小田原ビル 5F
0465-21-0357
http://odawara-l.com

●小田原三の丸法律事務所(弁護士法人)
神奈川県小田原市本町1丁目7-20
0465-24-3358

●椎野正己司法書士法人
神奈川県小田原市栄町2丁目12-40
0465-21-1222

●田辺法律事務所
神奈川県小田原市栄町1丁目6-12
0465-24-1644

●佐藤和夫法律事務所
神奈川県小田原市本町1丁目3-16
0465-22-2462
http://legal-findoffice.com

●阪之上法律事務所
神奈川県小田原市本町2丁目1-3
0465-21-0068
http://sakanoue-lawoffice.com

●内山法律事務所
神奈川県小田原市栄町1丁目14-52 MANAX 8F
0465-24-5445

●小室司法書士事務所
神奈川県小田原市栄町2丁目8-33
0465-21-5593

●司法書士あさぬま事務所
神奈川県小田原市荻窪336-3
0465-42-9424
http://asanuma-office.com

●池田忠正法律事務所
神奈川県小田原市本町2丁目13-2
0465-22-8778

●森本紗代司法書士事務所
神奈川県小田原市荻窪370-1
0465-43-9375

●加藤・長谷川法律事務所
神奈川県小田原市本町1丁目4-7 朝日生命小田原ビル 4F
0465-21-3121

●岸頼道司法書士事務所
神奈川県小田原市栄町1丁目10-6
0465-24-0373

●まちかど法律事務所
神奈川県小田原市本町2丁目1-3 HSビル 2F
0465-20-1115

●露木高雄司法書士事務所
神奈川県小田原市栄町2丁目13-11
0465-24-1383

小田原市にある地元の法律事務所・法務事務所の門をたたき、直接相談するのもアリだと思います。
ただ、ネットからの無料相談や「診断シミュレーター」の方が、相談しやすいという方も多いのではないでしょうか。

多重債務や借金返済、小田原市在住で困ったことになったのはなぜ

いろんな人や金融業者からお金を借りた状態を「多重債務」といいます。
こっちからもあっちからもお金を借りて、返済先も借金の額も増えた状況です。
消費者金融で限界まで借りたので、次は別のキャッシング会社でお金を借りる。
クレジットカードのリボ払いやキャッシングを限界までして、クレジットカードをたくさん持ったり。
多重債務の状況にまでなった人は、たいていはもう借金返済が難しい状況になってしまっています。
もう、どうひっくり返ってもお金を返済できない、という状況。
おまけに金利も高い。
どうしようもない、なすすべもない、と思ったら、法務事務所や法律事務所に相談してみましょう。
司法書士や弁護士に相談し、今の状況を説明し、解決する方法を示してもらうのです。
お金の問題は、弁護士・司法書士知識・知恵を頼るのが一番でしょう。

小田原市/債務整理のデメリットにはどのようなものがある?|任意整理

債務整理にも多種多様な手法があり、任意で業者と交渉をする任意整理と、裁判所を介す法的整理の個人再生、自己破産などの種類があります。
じゃあこれ等の手続について債務整理デメリットというものがあるでしょうか。
これ等3つの進め方に同じようにいえる債務整理の不利な点というと、信用情報にそれらの手続きをした事が掲載される点ですね。俗にいうブラック・リストという情況です。
とすると、およそ五年〜七年位、ローンカードが創れなくなったりまた借り入れができなくなったりします。しかしながら、あなたは返済に苦しんだ末にこれ等の手続を実際にする訳ですので、もうちょっとは借金しないほうが良いのじゃないでしょうか。じゃクレジットカード依存にはまっている方は、むしろ借金が出来ない状態なることにより不可能になることにより救われると思います。
次に個人再生若しくは自己破産の債務整理の不利な点ですが、官報にこれ等の手続をした事が記載されてしまうことが上げられるでしょう。けれども、あなたは官報など観たことが有りますか。逆に、「官報とはなに」といった方のほうが多数いるのじゃないでしょうか。
実は、官報は国が発行する新聞に似た物ですけれども、信販会社などのごく特定の人しか見てません。だから、「自己破産の実態がご近所の方に広まった」などという心配はまず絶対にありません。
終わりに、破産独特の債務整理のデメリットですが、1遍破産すると7年間、再び自己破産は出来ません。これは留意して、2度と自己破産しなくても済むようにしましょう。

小田原市|自己破産にはやっぱりリスクがある?/任意整理

はっきり言って世間一般で言われる程自己破産のリスクは少ないです。高価な車や土地やマイホームなど高価格なものは処分されるのですが、生きるうえで要る物は処分されないのです。
また二十万円以下の貯金も持っていても問題ないです。それと当面数ケ月分の生活に必要な費用一〇〇万円未満なら取り上げられる事はないでしょう。
官報に破産者のリストとして記載されますがこれもごくわずかな方しか見ないものです。
また俗にいうブラックリストに記載されしまって7年間程はローンまたはキャッシングが使用ローン若しくはキャッシングが使用できない現状となるのですが、これは仕方ない事でしょう。
あと決められた職に就職できなくなると言う事もあります。しかしながらこれもごく少数の限られた範囲の職種です。
ですので債務超過で返金することの不可能な借金を抱えているならば自己破産を実行するのも一つの方法なのです。自己破産を行えばこれまでの借金がすべてチャラになり、新しく人生をスタートできると言うことで利点の方がより大きいと思われます。
又自己破産者は公法上の資格制限として司法書士や弁護士や公認会計士や税理士等の資格は停止されます。私法上の資格制限として保証人、後見人、遺言執行者にもなれないでしょう。また会社の取締役などにもなれないでしょう。けれどもこれらのリスクはおよそ関係ない時が多いのではないでしょうか。リスクはさほど大きなものではない筈です。

関連ページの紹介